薫のメモ帳

私が学んだことをメモ帳がわりに

プログラミングとの距離を維持するために

 少し前の3月下旬のことだっただろうか。

「プログラミングとの縁(距離)が遠くなってしまったなあ」と嘆いたことがあった。

 

hiroringo.hatenablog.com

 

 

 この点、「こういうプログラムを組めば、今やっている業務が楽になるのになあ」、「機械学習を使ってこういう分析ができればなあ」と考えることはある。

 前者については特にある。

 そして、「『本格的にプログラミングを組んで作ろう』と決断して実行に移せば、10時間以上かかることはない」という気はするし、趣味の世界の話であれば「土日に集中砲火を浴びせて片付けてしまう」ということもできそうな状況にある。

 

 しかし、上の話は業務上の話であって趣味の話ではない。

 だから、「丸一日、日常的業務をほったらかしてプログラミングに集中する」ということは無理である。

 現実的に考えるならば、「そのプログラムを約2時間以内に実装させること」が実現するための条件という感じになる。

 

 なお、私の業務はプログラミングやシステムとの関連性が乏しい。

 また、現在の私が行っている業務を行う人間たちはプログラミングに関する能力を持っていないことが多い。

 そのため、「『プログラミングによって』効率化を進めなければならない」という状況にはないのだけれども。

 

 

 ところで、当時、あるいは、いわゆるゴールデンウィークが始まる前、「プログラミングとの距離がこれ以上大きくなるのはまずいなあ」とは考えていた。

 もっとも、現実的にできることは限られている。

 そこで、暇を見つけて「Paiza」というサイトのスキルチェックを受けることにした

 

 この点、「プログラミングとの距離」を縮める手段は他にもある。

 しかし、「プログラミングの教科書に登場するソースを写経する」という作業は、過去においてRubyやPythonを学ぶ際にもやっていたため、今さらそれをやり直すのもどうか、という感じがする。

 また、「プログラミング関係の資格を取る」、「ウェブアプリを作ってみる」、「機械学習について学習する」、「機械学習を実践するためのプログラムを組む」といったことを実践するだけの時間は作れそうにない。

 上の「Paizaのスキルチェック」であれば、ちょっとした暇つぶしにもなるからリソースを過剰に費消することがない、というわけである。

 

paiza.jp

 

 ところで、このPaizaのスキルチェック。

 去年の6月ころ、私は「Paizaのスキルチェック」に挑戦していた。

 しかし、その挑戦は約1ヶ月間しか続かず、7月に入ってからはやめてしまった。

 その後、今年のゴールデンウィーク直前までの約10ヶ月間ほとんど触らない、という状況になる。

 

 また、去年の6月の私は、Paizaのスキルチェックの問題を相当真面目に解いていた。

 だから、というわけではないが、Paizaによって認定されている私のランクはBランク(中級プログラマであった。

 また、現在の自分の能力を示しているPaizaのRATEはBランクの範囲にあるらしい。

 しかし、現在の私の実力はCランクだろうと考えている。

 何故なら、暇な時間を見つけてやっている関係で、最近私が解いている問題もC~Dランクのものが多いからである。

 あと、「Bランクの問題にチャレンジしてもちゃんと解くことはできるだろう。しかし、平日、仕事を終えて疲れた頭でBランクの問題に挑戦して、変なミスをしてRATEを下げたくない」といった思惑もある。

 これはちょっと後ろ向きか。

 

 

 このように、半ば暇つぶしではあるが、Paizaのスキルチェックの問題を解くことによってプログラミングとの距離を維持している。

 そして、この状態が約2週間続いた。

 とすれば、プログラミングとの距離を積極的に維持するため、「Paizaのスキルチェックに関して一定の目標を設定する」というのも悪くはないだろう。

 この点、6月2日にとある資格試験を受けることになっているので、無理な目標を設定するつもりはないとしても。

 

 では、どんな目標にしようか。

 この点、去年の6月の私がスキルチェックに挑戦していたころは、Bランクの問題を初見で適切に完答することができた。

 しかし、Aランクの問題を初見で解ききることができなかった

 また、Paizaのサイトの説明をよれば、「Aランクの問題を解ける」ためには相応の実力が必要になるらしい。

 そこで、「Aランクの問題を解けるようになること」を目標に設定する

 期限は、、、他の資格を取ることなども考慮して年度内(来年3月末まで)としておく。

 

 なお、去年の私がAランクの問題に挑戦してうまくいかなかったとき、「『データ構造』などの知識がなければどうにもならない」という感想を抱いた。

 そこで、「データ構造」についても一通り学ぼうかと考えている。

 また、「『基本的な構文について何も見ずに書けない』という状況もどうにかしたい」と考えている。

 一々、基本的な構文につき教科書その他を参照するのも非効率的だから。

 そこで、最高裁判例の言い回しを覚えて使いまわせるように、プログラミングの基本構文(頻繁に使うもの)は覚えてしまいたいとは考えている。

 もちろん、「暇つぶしとしてしかやらない」状況だと記憶を定着させるのは難しいかもしれないが。

 

 

 以上、プログラミングについて目標を設定してみた。

 この点、ブログの記事はノルマを積み残しているし、6月2日にはある資格の試験がある。

 したがって、「無理して達成する必要はない」と考えているうえ、「実現可能性はさほど高くない」と考えているけれども。