『日本はなぜ敗れるのか_敗因21か条』を読む 9

 今回もこれまでの続き。

 

hiroringo.hatenablog.com

 

hiroringo.hatenablog.com

 

hiroringo.hatenablog.com

 

hiroringo.hatenablog.com

 

hiroringo.hatenablog.com

 

hiroringo.hatenablog.com

 

hiroringo.hatenablog.com

 

hiroringo.hatenablog.com

 

  今回も山本七平氏の書籍から学んだことをメモにする。

 

 

11、第10章 思想的不徹底

 今回が関連する敗因21か条は次の4つである。

 

(以下、敗因21か条より引用)

敗因十六 思想的に徹底したものがなかった事

敗因五 精神的に弱かった(一枚看板の大和魂も戦い不利となるとさっぱり威力なし)

敗因七 基礎科学の研究をしなかったこと

敗因六 日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する

(引用終了)

 

 この敗因は相互に関連がある。

 その方向性を示せばこうなる。

 

 思想的不徹底→(劣勢時における)精神的な弱さ

 思想的不徹底→不十分な思想・学問(空中楼閣)の蔓延

 不十分な思想・学問(空中楼閣)の蔓延→基礎科学への無関心

 基礎科学の前提を欠いた思想・学問(空中楼閣)→現実に即した応用の不能

 

 

 本章は、マニラ赴任後に故・小松真一氏が見た軍属たちの話が紹介されている。

 彼ら(紹介されている軍属)は自分をいかなる思想で律しているかという発想がない。

 その一方、自ら責任を自覚しなければ無責任でいられるという位置(ある種の特権階級)にいる。

 その結果、彼らは奇人・変人ぶりを露呈し、道化に転落してしまう。

 そして、自分を律する思想がない結果、精神的にもろく、結果、その人の行動は場当たり的になり、かつ、一貫性を欠いてしまう。

 なお、今回は批判的に書いたからこうなったが、批判的に見なければ「まあ、普通はこうなるのでは?」とも考えられなくもない。

 

 

 次に、本章では、故・小松氏の調査の結果が紹介される。

 故・小松氏は技術者として真面目に調査したが、結果的に(ブタノールの)増産は不可、総てが無駄に終わる。

 そのため、故・小松氏は「用が済んだのでお役に立てる場所があるから内地に帰る」と人事に掛け合うと「一年は南方にいてくれないと軍の威信にかかわる。勲章の件もあるから我慢しろ。みんな我慢している」と言われる。

 これでは、上に述べた変人でなくても遊民にならざるを得ない。

 

 上に述べた道化に転落した軍属たちの問題は個人の問題だった。

 しかし、いま述べた件は、組織の問題である。

 つまり、思想的不徹底は個人のみならず、組織にもあてはまったわけである。

 まあ、組織と個人が連動しないというのは考えにくいので、これまた当然と言えそうだが。

 

 

 以上をまとめると、ここから引き出すべき教訓は次のようになる

 

・自分を律する思想(徹底的に考え抜いたもの、中途半端に考えた空中楼閣ではない)を持たなければならない

・自分の思想に適合する技術を開発するための「基礎科学の研究」をしなければならない

 

 実は、後者が手段、前者が目的の関係になっている。

 とすれば、大事なのは「徹底的に考えた思想」ということになる。

 

 もっとも、気になるのは「それは可能なのか」ということである。

 言い換えれば、「どうやったらそれは可能なのか」ということになる。

 どうなのだろう。

 

 

 さて。

 以下、少し私の過去に引き直して考えてみる。

 

 思うに、私にも「徹底さ」がなかった。

 もっとも、それに気付いたのはだいぶ後になってからだが。

 

 その「徹底さ」が必要なことに気付いたのは、自分が「模倣」しているものの根拠に対して「なぜ?」を繰り返し、徹底的に考えたときであった。

 その際、徹底的に考えた結果、「この部分は(現段階では裏付けがなく)仮説で支えているに過ぎない」・「この部分は実測による根拠がある」などと自説を支えている根拠の強さが正確に分かり、自説についての理解(弱点も含む)が深まったわけだが。

 

 

 総ては「模倣」から始まる。  

 この「模倣」のタイミングで「模倣」の対象について徹底的に疑っていたら、「模倣」自体達成できないだろう。

 とすれば、「不徹底」は欠点だけを生み出すわけではないようである。

 

 もっとも、「あるタイミングで徹底的に考える必要がある」ことは間違いない。

 そして、より徹底的に考える(これは「『何故?』の方向に深く考える」と言い換えてもよい)ことで、単なる「模倣」から自分のものになるように思われる。

 これは所謂「守破離」の考え方に似ている。

 

 すると、思想的不徹底の問題は「十分に能力があるのに『守』にしがみつき、『破』または『離』の段階に移らない問題」と言い換えられるのかもしれない。

 あっている保証はないが、そう考えると「思想的不徹底」に対する突破口が見出せそうだ。

 

 この場合、その理由は「『守』の段階に安住できてしまうから」になりそうである。

 とすれば、「『守』の段階に安住できなくすること」が解決の方法になるのかもしれない。